乳酸菌って効果あるの?

便秘で悩んでいる人は耳にタコができるくらい知っていると思いますが、「善玉菌」と「悪玉菌」。
この「善」と「悪」の戦いが腸の中で毎日行われているんです。

まずは、乳酸菌をはじめとする「善玉菌」は何をしてくれるかと言うと、
乳酸菌はブドウ糖や乳糖からたくさんの乳酸を作ります。 またビフィズス菌は、乳酸や酢酸を作ります。
この乳酸や酢酸は大腸の蠕動活動を活発にしたり、腸内を適度な酸性にしてくれるのです。

次に「悪玉菌」はどんなことをしでかすのかと言うと、たくさんの有害物質を生み出します。
それにより、下痢や腹痛、そして便秘の原因となったりするのです。

最適な腸内環境を乳酸菌で

腸内にいる悪玉菌は、たんぱく質や脂質をエサにしてたくさんの有害物質を出してしまいます。 実はこの悪玉菌は酸性の環境が苦手です。

つまり腸内を酸性に保つことができれば、悪玉菌は減少していきます。 また腸内を酸性にする乳酸や酢酸は乳酸菌などの善玉菌が作っています。
要は、乳酸菌をたくさん腸内に送り込み、また増やせれば、善玉菌の勝利となりますよね!
実は、便秘に食物繊維がいいと言われているのは、このことと関係があるんですよ。
食物繊維が便の材料となることもありますが、なんと食物繊維は乳酸菌の「ごはん」なのです。
だから、乳酸菌が増えやすくなるんですね。

乳酸菌が増えると、さらにもっといいことが!
酸性の腸内環境は、悪玉菌だけではなく病原菌やウィルスにとっても苦手な環境です。
例えば、痛んでいた料理を食べてしまった場合。 腸内が酸性ではなかったら、病原菌やウィルスが腸の中で増殖し下痢や腹痛などを引き起こします。 でも、腸内が酸性の環境なら、食中毒菌が増えないので症状がひどくならずに済むこともあります。
そうです。乳酸菌の多い、健康な腸内環境を作るのは、便秘だけではなくいろんな病気を未然に防ぐことにもなるのです。

このページの先頭へ