乳酸菌などの善玉菌を増やすには

善玉菌を増やす前に、1つだけ要注意なことが。
それは、乳酸菌などの善玉菌を生きたまま腸まで届けること。 いくら増やそうとしても、もともと腸内に善玉菌がほとんどいなければ意味がないですからね。

一般的に乳酸菌が多く含まれるのは、ヨーグルトや乳酸飲料などの発酵乳製品、キムチや浅漬け、ピクルス、 ザワークラウトなどの発酵植物製品、鮒寿司などのなれ寿司などがあります。
しかし、腸に達する前にやはりほとんど死んでしまうのです。
だから、今は、サプリが主流。 でも、サプリも良く選ばないと、結局同じこと。

生きたまま腸まで送り届ける

それが大切なのですね。
今では、製剤技術や新しい乳酸菌株が開発され、生きたままの乳酸菌を腸まで送り届けることが可能になっています。

有胞子乳酸菌とは

生きたまま腸まで乳酸菌を送り届ける、有胞子乳酸菌。
乳酸菌革命スーパーにも含まれていますが、過酷な状況(胃酸・胆汁・高温)にも耐えられる「芽胞」と呼ばれる殻を持った乳酸菌のこと

つまり、乳酸菌を強力なカプセルに入れて送り込むようなものですね。
そして、腸でそのカプセルから乳酸菌がでてくるというわけです。

乳酸菌を腸の中で増やすには

乳酸菌を増やすと言っても、実はそう簡単ではありません。 それは、乳酸菌が便と一緒に出て行ってしまい、なかなか腸の中に住み着いてくれないからです。

食物繊維をせっせと取っても、大きな効果が期待できないのはそれが理由なのです。
じゃあ、乳酸菌のエサとなる食物繊維を取りながら、ずっとヨーグルトを食べ続ける・・・
それは、ちょっと無理ですよね。 しかし、理屈としては正解です。

どういうことかと言うと、生きのいい乳酸菌を腸まで確実に送り込みながら、その乳酸菌のエネルギー源まで同時に送り込んであげましょう。
カプセルに守られた乳酸菌が腸内で目覚め、同時に届いたエネルギー源を取り込み、超元気になる!
活性化した乳酸菌は増殖を繰り返し、悪玉菌をやっつけるのです!
それができるのが、有胞子乳酸菌を配合し世界発明EXPOでなんとグランプリを受賞した小牧原液を取り入れた乳酸菌革命スーパーです。

このページの先頭へ